アコムマスターカードはショッピング専用という形態でも作れる

キャッシングだけ使えればいいということで、銀行や消費者金融のカードローンに申し込み、カードを受け取った後、やっぱりショッピング機能もあった方がいいと思い直す人も少なくないでしょう。

確かに、現金で購入出来ないものはないので、現金が借りられればそれで充分と最初は考えてしまいがちですが、ショッピング機能には、一回払いであれば後払いなのに利息はつかなかったり、インターネットショッピングでは振り込みの手間が省けたりと現金払いにはないメリットが多いのです。

もし、キャッシング機能がついたクレジットカードを作ろうということになったら、キッャシング専用カードとキッャシング機能があるクレジットカードを併用するということになりますが、そうするとバランスがあまりよくありません。こういうケースにうってつけのカードと言えるのが、アコムマスターカードです。

アコムは消費者金融の会社なので、アコムが出しているクレジットカードにはキャッシング機能はついていて当たり前だろうと考えてしまうかもしれませんが、希望すればショッピング専用のカードを作ることが可能なのです。なので、キャッシング専用カードと、ショッピング専用のアコムマスターカードの併用ということになり、バランスがよくなります。

また、キャッシングとショッピングを別々のカードで行うことで、どちらかを紛失したり、破損した場合であっても、どちらかを使えるというメリットもあります。

 

金利手数料などの意味で比較サイトは大切

クレジットカードによっては、かなり大きな還元が生じる事はあります。もちろんそれが生じる為には、いくつかの還元条件などもあります。期間に関する条件などもありますので、よく確認すると良いでしょう。

それでカードを選ぶ際には、やはり還元率なども軽視できないポイントになります。やはりそれが高めなカードなどは、それなりにメリットも大きい傾向があるからです。比較サイトなどを利用すると、高めなカードなどを効率良く選ぶ事が可能でしょう。

しかしそれだけではありません。金利手数料なども、重要な問題になるからです。そもそも手数料などは、明らかなコストになるのは間違いないでしょう。わずか数%前後の違いといっても、年間に直せば相当大きな金額差になるケースも、決して珍しくないわけです。ですので少しでもパーセントが低いカードを選びたいと思うのは、やはり自然な考えだと思われます。

しかし%なども、上記の比較サイトなどで比べられる傾向があります。このためカードを選ぶとなると、やはり比較サイトhttp://xn--lckh1a7bzah4vue9565aftvb5scqs1ez6dru6e.xyz/は重要と言えるでしょう。

 

おすすめのクレジットカードについて

クレジットカードとは、商品を購入する際の決済手段の一つです。信用に基づき発行されたもので、消費者はこのクレジットカードを使って一定の条件で代金後払いで商品を購入します。人により利用可能枠が様々で、利用状況や年齢により様々です。

また有効期限があり、数年の期間で設けられることが多いようです。期限が過ぎたカードは利用できませんが、更新された新しいものが郵送で届くという仕組みになっています。さらにクレジットカードには申し込み時に審査があり、申込書をもとに発行するかどうか決まります。様々なタイプがありますが、私がおすすめするのは銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体型となったものです。

カードの申し込みによって、時間外ATMとコンビニエンスストアATMの手数料を無料にすることが可能なのです。さらにインターネットバンキングが同時に利用できるようになるのですが、振込も店舗窓口で手続きするより手数料が無料になる場合があります。どのカードも利用することでポイントがたまる仕組みですが、好きな商品に変えたり、お買い物券にできたりとメリットはたくさんあります。

今回は銀行カードとセットになったタイプのカードをご案内しましたが、本来は自分のライフスタイルに合ったカードをおすすめしたいので、お気に入りが見つかるといいですね。

 

ANAカードを作りたいなら、いろいろ比較する事も重要

一口にANAカードと言っても、その種類はいろいろあります。カードブランドによる違いはもちろんの事、一般カードやゴールドカード等に区別された、ランク別の違いもあります。例えば、比較的多くの収入があり、仕事やプライベート等で積極的に飛行機に乗る機会が多い人は、ゴールドカードを作っておいた方が有利です。

確かに年会費は一般カードに比べると割高になりますが、飛行機に乗った際に付与されるボーナスマイルやカード入会時・継続時に付与されるマイルが優遇されます。さらに、主要な空港にあるクレジットカード会社のラウンジが無料で使えるのは大きな魅力で、年会費以上の価値があると言っても過言ではありません。

また、普段クレジットカードを積極的に使う旅行好きな人も、ANAカードは作っておいた方がいいカードの1枚です。ANA便の飛行機の搭乗や、日常の買い物のカード払いでマイルが貯まるのはもちろんの事、提携店での買い物をするとマイルの付与率が高くなるので、上手に利用すれば比較的短期間で、特典航空券の交換に必要なマイルを貯める事が可能です。

また、カードブランドによっても年会費やマイルの付与、利用できる店舗に違いがあるので最終的には複数のANAカードを比較・考慮した上で自分に合ったカードを作るのが理想です。

 

楽天、お得なETCカード

買い物も公共料金もほとんどこのカードで支払えるのが楽天カードです。ETCカードも楽天で。スーパーやガソリンスタンド、コンビニ最近はどこでもカードを使えるので便利です。最近は近くの小さなスーパーでもカードが使えるので200円とかの買い物でもカード払いにしてポイントを貯めることができます。100円で1ポイント。楽天市場の中で買い物するときは10倍dayなどを狙ったりこつこつポイントを貯めています。

ポイント10倍だと次の買い物でポイント払いが出来てすごくお得な気分になれます。コンビニではEdyも利用できます。ETCカードは初年度無料でお得です。月に1度でも車で長距離移動をする方は、やはりETCカードを使うのと使わないのでは料金が全然違います。土日の休日割を使うと半額にもなります。

たとえば群馬県から石川県まで大体8000円以上なのですがその半額なので4000円などで帰れます。結構大きな差です。あと、ポイントも100円で1ポイントです。

楽天カードは比較的簡単に作れてポイント還元率も良く最初のカードには楽天カードをおすすめします。家族カードも、デビットカードも作れるので最近は買いすぎ防止にデビットカードを利用しています。他の審査に落ちてしまってもこのカードに通る可能性はあります。